植物を綺麗に洗い流す

「洗い流す」ということに違和感がある方もおられると思います。

そういう方は人間の生活で考えてみてください。

私らは風呂に入りますよね?
有機的汚れや病原菌など含めて、身体をきれいに洗うことで身を守っています。
昔は蚤やシラミも洗い流していましたよね。
家は掃除して清潔に保ちますよね。衣服は洗濯してこれも清潔に保っています。

私ら人間は、病原菌や害虫から身を守る術を普段からおこなっています。

これ、作物も同じように考えてみるのはいかがですか?


病原菌というのは、億単位で襲ってきます。害虫もかなりの数ですよね。
これ、人間でも同じです。
人間にも植物にも感染しない抵抗力がありますが、これを突破されるから感染してしまう…
そうならないように洗い流してしまうのは、これは常套手段です。

散髪に行って滅菌していないハサミやカミソリを使われたらどう思いますか?
手術器具が滅菌されずに使い回されていたらどうですか?

これは植物も同じです。
フザリュームが出ているのに設備やハサミが除菌されていなければ2次感染して当たり前!

2.除菌・洗浄というのは、生き物を扱う中で植物栽培のみ考えられていなかったことです。

畜産経験のある方なら、この2.除菌・洗浄というのは痛感されているかもしれませんね。
家畜の感染症はとても厄介です。

生き物を扱う上で当たり前である除菌・洗浄をおこなうことが「洗い流す」ということです。
それだけのことです。

しかし、問題は週1ペースで除菌・洗浄などできるのか?

これが風呂です。週1ペースのピキャットクリア撒布です。

女性スタッフがやっています。
ピーキャットクリアは女性がGパンとTシャツで気軽にタップリ撒布できる高い安全性を持っています。

いかがですか?

2.除菌・洗浄というのは農薬散布ではありません。
洗い流すという物理的防除になります。

ちなみに、ハウス内のベト病で悩んでいる方はハウス丸ごと洗浄をやってみてください。